ビタミンC誘導体の特徴と効果

ビタミンC誘導体の特徴と効果

レモンやキウイなどに豊富に含まれているビタミンCは、美白やアンチエイジングの働きをもつとして知られていますが、ビタミンC誘導体とは、生体内で酵素反応によりビタミンCとなるよう加工した成分です。

 

誘導体化によって、分子構造が壊れやすく不安定であるそのままのビタミンCの特性を安定させ、もともと水溶性の物質を弾きやすい皮膚内にもうまく浸透されることができるのです。

 

抗酸化力が強く、チロシナーゼ活性化阻害力もあることから、超メジャーな美白成分であり、化粧水などで直接利用するほかケミカルピーリングを行った後に塗布することでも知られています。

 

抗酸化作用から、チロシナーゼ活性化阻害、メラニン生成阻害、メラニン還元まで
これからできるシミとできてしまったシミにも両方に働きかける、比較的バランスのとれた効果をもつ美白成分であると言えるでしょう。