トラネキサム酸の特徴と効果

トラネキサム酸の特徴と効果

トラネキサム酸は、人工アミノ酸で、止血剤として用いられる成分ですが、美白効果もあるとされ、シミなどの治療に用いられる外用薬や化粧品にはトラネキサム酸が配合されているものが多いです。また、肝斑(かんぱん)用の内服薬にも使われており、日本ではトランサミンという商品名で市販されています。

 

トラネキサム酸の美白効果は、主に情報伝達物質を阻害する働きがあると言われています。紫外線を浴びると、肌細胞からメラニンを作らせる情報が伝達されるのですが、トラネキサム酸には、情報伝達物質内のプロスタグランジンなどをブロックすることでメラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防いでくれます。つまりは、メラニン(シミ)の増殖を抑制する美白成分ということです。