アルブチンの特徴と効果

アルブチンの特徴と効果

アルブチンとはコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体で、美白化粧品にもよく使われている成分です。

 

チロシナーゼという酵素が、皮膚のシミのもととなるメラニン色素を合成するのですが、アルブチンにはチロシナーゼに直接作用し、メラニン色素が作られるのを防いでくれているのです。

 

残念ながら、できてしまったシミを薄くするメラニン還元作用は低い成分ですが、新しいシミを作らない予防美白効果の高い成分と言えます。

 

日常の美白ケアでアルブチン配合の化粧品を使用する場合は、メラニン還元作用を持つビタミンC誘導体やハイドロキノンが一緒に配合されているものを選ぶと、より効果的です。